人生好転!晴れいろの日々を。*:。+

いいコトばっかじゃなぃ、でも楽しむ!それが人生。40代からの生きかた。身体のこと・恋愛と結婚~わたし的思考etc.。*:。+雑記Blog..

【目薬を差すのが怖いのは】もしかしたら?「〇〇恐怖症」かもしれません。


スポンサードリンク
 

miia.hatenadiary.com

 

先日の記事が、目薬のお話だったのですが、

目薬を差すのが「コワイ」と感じて、苦手な人もいるようです。

 

私の身近な人にもいて、なぜ苦手なのか聞くと、

「先端恐怖症」かもしれないと言うのです。

 

 

「先端恐怖症」とは、(限局的恐怖症)のひとつであり、

先の尖ったもの、鋭いものに、異常に怖いと感じる症状を言います。

 

 

・包丁

・つまようじ

・鉛筆やボールペン

 ・針

・フォーク

・きり

 

などなど、こういったものが自分に迫ってきたときには、普通の人でも「怖い」と感じてしまうと思うのですが、

f:id:Miia:20200324192717j:plain

(限局的恐怖症)の定義では、「過剰な恐怖心を持ち、生活に支障をきたす」状態が、判断の基準となるようです。

 

恐怖症の原因は、幼いころに怖い想いをしたことがトラウマとして残っていたり、たまたま遭遇した経験が恐怖のキッカケになっていたりします。

これらは無意識のウチにトラウマとなっている場合もあるので、自分ではなぜ怖いと感じるのか分からない、という人も居ます。

 

目薬に話を戻します。

 

目薬を差すのが怖いと感じて、うまく指せないと言う人の中には、

目薬だけでなく、他の尖ったもの、鋭いものも怖いと感じる人もいるかもしれませんね。

 

それは、もしかしたら「先端恐怖症」かもしれません。

 

幼いころ、その他の場面の記憶をたどって、探ってみるのはどうでしょうか。

何が原因か。を知ることで、怖かったけど大丈夫。と思えることが出来れば、恐怖症への軽減が出来るのではないこと思うのですよね。

 

 

目薬指したいのに、苦手でムリ。から、

当たり前に目薬できるうにようになるといいですね。

 

目薬は、目の健康に良いモノ。

スッキリした瞳で、

 

晴れいろの日々を。