人生好転!晴れいろの日々を。*:。+

いいコトばっかじゃなぃ、でも楽しむ!それが人生。40代からの生きかた。身体のこと・恋愛と結婚~わたし的思考etc.。*:。+雑記Blog..

みんな死んだんじゃないかと泣いた子供時代。


スポンサードリンク
 

 

 

 

やっと週末。そう思うと少しほッとしています。

おウチの緑たちに少しずつお水をあげとこう。

f:id:Miia:20210319191557j:image

数日前、なんのキッカケだったのかな?

 

スマホ。一人に一台の時代を思って、世の中便利になったなぁと。

 

そんな便利なツールが無かった、昭和生まれの私は、

友達とだって遊ぶ連絡さえ、直接その子のおウチに行くか、電話をリーンとか、プルルルル…と、鳴らしたものだった。

 

「玄関前まで行って〇〇子ちゃーんあそぽー」って叫ぶの(笑)

そんな子供時代。

 

年頃になって、好きな人もできたり、

でも連絡を取るのは、やっぱり家電話。

男の子からだと、先に電話に出た父に「居ません」と勝手に切られたりしたっけな。貴重な連絡に、なんてことすんだ!ちぇ。

 

今じゃ考えられないね(笑)

 

小学生だった私。まだかわいかった私。?

ある休日に、家族で出かけるょと声が掛かったのだけど、

 

その時は、どうしても友達と遊ぶことに夢中で、

「行かない」って言っちゃった。

 

家族は仕方なく、私以外で出かけて行っちゃいました。

友達と遊んでることが楽しくて仕方なかった私は、

そんなことは気にもならなくて。

 

けれど、夕方になり、外は暗くなり、

友達とも別れ、一人ウチに帰り、

 

「みんな遅いなぁ…」と時間が経つにつれ、

だんだんと不安になってきた。

 

昭和の子供の私にとって、外に出かけている人に連絡を取る術はなく、ただ待つしか。

 

待ってる時間が過ぎて行くほどに、心のざわざわが増して、

要らない想像が豊かになっていき、

 

仕舞には、交通事故にでも遭ったのだろうか???

 

「みんな死んだんじゃないのか…?」と考えたら、

ストーブの前にへたり込んで途方に暮れて泣いてた…

 

ら? 父の車の音が聞こえて、帰ってきたー!

 

自分が「行かない」と言った手前、

泣いてるのがバレるのが恥ずかしくて、

ササっと涙を拭ってなんでもない振りをした。

 

一緒に行けばよかったのに、ねぇ。

バカな子供時代。かわいかった子供時代。

 

現在は、大切な人が世界中のどこに居ても、

直ぐに連絡が取れる。

便利っちゃぁ便利。確かにね。

 

なんだろう、その分、

人とのつながりってものが時に希薄に感じることもある。

 

私は、昭和の時代を生きてきた「情バカな人間」

だと自分では思う。

 

その分、人とのつながりの中で

自分の心が痛むことも、少なくなかったかもしれない。

 

「信じられぬと嘆くよりも、

人を信じて傷つくほうがいい」と歌詞にもあるように、

 

バカでも、

そういう自分のほうが私は好き。

 

人と人とのつながりは愛ゆえにだと思う。

そんな昭和な生き方もいぃょ。

晴れいろの日々を。

---Coka.