人生好転!晴れいろの日々を。*:。+

40代~の生きかた。身体のこと・恋愛と結婚~わたし的思考etc.。*:。+雑記Blog..

【再婚を決めたとき】子供たちにどう伝える?


スポンサードリンク
 

以前からお伝えしているように、私は40代で卒婚をしました。

(このBlogで言う「卒婚」とは、世間の流行りの意味ではなく、戸籍上での意味です)

 

再婚をするまでは、数年間、母子家庭でした。

私の子供は二人。

 

長女(社会人)

長男(高校生)

 

現在のダンナsan.と再婚を考えたとき、

お付き合いだけのときとは、ワケが違うので、

 当然、子供たちにも話さなければなりませんよね。

 

子供たちの年齢や、家庭の環境にもよるとは思うのだけれど、

私は、子供が相手であっても、「一人前の人」として扱うようにしています。

f:id:Miia:20200526201637j:plain

隠さないで、ちゃんと話す。

ある日突然、「実は、こうでした」なんてことは、ないように。

子供の気持ちも、大事にしたいので。

 

人って、大事なことほど、

知らなくて、後々知ることになると、なんとなく面白くない気がしません?

 

私の場合で言うと、彼と出逢って、お付き合いが始まったときも、

その日に、娘に話しました。

 

「母さんね、彼氏が出来たょ」と。

ちょうど娘の誕生日で、一緒にご飯を食べに出かけてて、

娘にも「おめでとう」と言い、娘からも逆に「母さんおめでとう」と言われました。

 

母である私が恋愛すること、幸せになるのを

喜んでもらえて、うれしかったのを覚えています。

 

息子には、数日あとになったけれど、

ちょうど彼にウチまで送ってもらったとき、

顔を合わせる機会が出来たので、

「母さんの彼氏ょ」「息子ょ」と、紹介したのです。

息子は、「えぇっそうなん?」と、ビックリしていたけど、

照れくさげに挨拶をして、好意的に接してくれました。

 

f:id:Miia:20200526200025j:image

 そんなワケで、互いの家を行き来するようになって、

ウチの子供たちとも、少しずつ仲良くなっていきました。

 

彼の方も、ウチの子供たちに美味しいものを買ってきてくれたり、

一緒にご飯に連れてってくれたり、

 

子供たちも、彼に対して、アイスを買ってきたり、

一緒にゲームしたり、友達みたいな関係と言ったらいいのかな。

 

私と彼との絆も愛情も深まり、

次第にお互いに人生を一緒に歩みたいと思うようになっていき、

その想いも、子供たちにも、ちゃんと話しました。

 

「母さんは、あなたたちのお父さんとは色々苦労もあって、添い遂げられなかったけれど、今は大事に想う人が出来て、やっぱり好きな人の苗字になりたいと思うんだけど、二人ともどう思う?」と。

 

やっぱり、人生の大きな転機となるので、

子供たちであっても、緊張ぎみに話した記憶があります。

 

「母さんが一人で居るより、幸せな方が良いから良いんじゃないの?」と、

言ってくれ、

 

それを聞いたときには、ホントに心からホッとしましたね。

 

「自分たちは名前変わらなくていいんよね?」とも聞かれ、

母さんとは苗字は違っても、親子には違いないから、それは大丈夫だということも話しました。

 

現在、私はダンナsan.の苗字を名乗り、

子供たちは、元夫の苗字のままです。

 

 

籍を入れるまで、子供たちと私、3人の暮らしが続き、

その後、

私が子供たちの家から出て、

子供たちの直ぐ近くでダンナsan.と暮らしています。

 

母親が先に嫁に行く。なんてのも面白いですよね。

 

さすがに、子供たちとは親しくなっても、

ダンナsan.のことは、互いに気を遣うとは思うので、

暮らしは別にしています。

 

とはいえ、歩いて数分のところに引っ越したので、

何かあれば、気軽に行き来できる距離です。

 

ちょいちょい行き来していて、

昨夜も娘が用事でウチに来て、お茶して帰っていったり、

パソコンなど機械に詳しい息子に来てもらうこともあったり。

 

そんな、ちょうどよい距離感を保っています。

 

子供たちが理解を示してくれたのも、

どんな付き合いであるのか、を、

包み隠さず、都度、話していたからなのかな?とも思います。

 

ダンナsan.が私のことを、本当に大事してくれていることも、

子供たちには、ちゃんと伝わっているようです。

 

ダンナsan.が真剣に私の住む市で一緒に暮らしたいと思ってくれてたこと、

その為に転職を考えてくれたこと、苦労ながらも就活中であること、

などなど、私やダンナsan.の事情も考えや想いも、全て伝えてきました。

 

 

 

私にとって、子供であっても、

一人前の扱い、大人と対等の扱いをすること。

は、これからも変わりません。

 

世の中には、私と同じように卒婚から、

その後、再婚のご縁のあるお母さんも居ることと思います。

 

【再婚をきめたとき】子供たちにどう伝えますか?

 

ホントのパートナーとの出逢いで、

ココロから幸せに。

晴れいろの日々を。