人生好転!晴れいろの日々を。*:。+

いいコトばっかじゃなぃ、でも楽しむ!それが人生。40代からの生きかた。身体のこと・恋愛と結婚~わたし的思考etc.。*:。+雑記Blog..

【何があっても離れないで長続きするカップル】とは。


スポンサードリンク
 

 長続きするカップルとは、世間で一般論でいろいろとあるでしょうけれど、わたし的な経験で言うと、

 

 ☆お互い、相手に対する愛情の表現に大きなズレがないこと。

 ☆お互い、どんなことがあっても一緒に居たい気持ちが優先であること。

 

 

これってすごく単純なことだけれど、

ポイントは、「お互い」が一致してるってこと。

これを、相性というのでしょうね。

 

 

☆お互い、相手に対する愛情の表し方に大きなズレがないこと。

 愛情表現。声に出して「すきだょ」「あいしてる」と伝えてもらえることの幸せさと、自分が言葉にして伝えることの幸せさが一致する。

 手を繋ぐこと、ハグしたりスキンシップの日常を嬉しく思えることが一致する。

 誕生日・クリスマス・バレンタインなどのイベントで相手を喜ばせることで自分も幸せに思えることが一致する。etc...

  

☆お互い、どんなことがあっても一緒に居たい気持ちが優先であること。

    一緒に過ごす時間が増えてくごとに、打ち解け信頼関係も深まるのと同時に、意見や想いのすれ違いも出てきて、ケンカになるケースもありますよね。

 その都度、しっかりと向き合い、話し合え、絆が深まるカップルもあれば、繰り返すうちに段々としんどくなって、溝ができて離れてしまうカップルもあると思うのです。

 同じ出来事が起きても、乗り越えられるかは、やっぱり、何か問題起きた事柄よりも、それでもお互いが一緒に居たい気持ちが最優先なところが、一致する

  

 

相性って大事だと思います。やっぱり気持ちが同じじゃないと続けていくことは難しいと思うのです。

 

 (永年連れ添ったご夫婦カップルのことばで…「ときめきなんて、もうあるワケないないっ会話もない(笑)」なんてことを、ちょぃちょぃ耳にするのだけど、わたし的には、そういう風に表現するのって、相手に対しての想い、なんだか淋しいなぁと思ってしまいます。 確かに表向きは、そうは言ってても大切な家族なんでしょうけれど。それ言って誰が幸せな気持ちになるの? 謙そん? 自虐ネタ? ダンナの悪口をネタにする? 嫁をディする? …日本人 特有のパートナーに対する表現が、わたし的には、チョット苦手かな。

 あ…少し話が反れましたが。)

 

 大切なパートナーには、愛情いっぱいに表現したい。

 季節の移り変わりを共に感じ、

 イベントごとも、お祝い事も喜びを分かち合う。

 人生の時間を、一緒に楽しんで生きていけるパートナーが良いなと思います。

 

 ダンナsan.とは、そういう色んな面がとても一致してるので、

だから一緒に居るのだなぁと実感しています。

 

 わたし的、

【何があっても離れないで長続きするカップル】とは。

 のお話でした。