人生好転!晴れいろの日々を。*:。+

いいコトばっかじゃなぃ、でも楽しむ!それが人生。40代からの生きかた。身体のこと・恋愛と結婚~わたし的思考etc.。*:。+雑記Blog..

もしかして再発?!中心性漿液性脈絡網膜症の症状で受診をしたら。


スポンサードリンク
 

 

 


f:id:Miia:20210625194016j:image

この体で光を感じるって幸せなこと。

 

 

 

いろいろなことが順調に進むように見えても、

気苦労も多かったせいか、ちょいと?目に異常が!!

 

この視界の異常には、初めてではなく過去に覚えがある。

 

「ゆがみ」「中心暗転」

 

基本的には片方の目に異常の出る病気で、

今回も、最初に発病したときの「左目」です。

 

見ようとする箇所(中心)が ぐにゃぐにゃっと歪んで見えます。

それに加えて黒っぽい影が掛かっているようで視界を遮られます。

 

つまり、よく見えない!!

 

こうしてパソコンのキーを叩いていますが、基本的に見えるほうの目頼りなので、

本当に見えづらく、気持ち悪い感じ。疲れやすい。

 

仕事は基本的にPC作業なので、回復しないままだと非常にツライです。

 

 

コンタクトレンズの定期健診も兼ねて、

かかりつけ眼科で診てもらうと、直ぐに診断。

「以前の箇所が悪くなっている」と紹介状を出され、

早めに総合病院の専門医へとの結果となり、

 

また、大きな病院でしばらくお世話になることとなりました。

 

 

 

 

miia.hatenadiary.com

 

【中心性漿液性脈絡網膜症】

(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう)

 

と、非常に長い病名です。

過去、10年くらい前に発症した経験があります。

 

この病気は、「働き盛りの30~40代男性に多い」ってことなんですが…。

多くの原因は、ストレスらしいです。

 

確かに色々と大変な時期を超えて、ホッとした頃に発症しましたね。

 

今回も、そう。

 

そういう時期。

 

が。しかし。

 

 

総合病院では、たくさんの検査をしまして、

「中心性漿液性脈絡網膜症」の再発と思ったら…

実は、ちょっと?違ってまして、

 

「中心性漿液性脈絡網膜症」からの移行で、

加齢黄斑変性症」との診断でした。

 

「中心性漿液性脈絡網膜症」は、基本的には自然治癒が可能な病気です。

完治は難しいけれど、視力は取り戻せる可能性がある。

 

しかし、「加齢黄斑変性症」は、進行型で自然治癒は厳しいとのこと。

 

つまりは、やっかいな病気だということ。

ううううう。

 

 

 

www.santen.co.jp

 

 

www.fujitaec.or.jp

 

 

 

 

10年前とは違って医療も発達し、

「治療もよい薬も出ています、時代は変わったからねぇ」とのDr.の言葉でしたが…

自分でも色々調べて知識はあったものの、

 

高額治療となります。

 

疾患部めがけ目に直接注射するようです。

初期は、ひと月に一度。3か月は必ず。

その後経過を見ながら良くなるまで

追加の注射をしていく・・ってね。。。。

 

治るのであれば、高い費用も致し方ないのかも?と思うけれど、

良くなるかは、やってみなきゃわからないもの。

 

そして、その注射が健康保険適用3割負担の人でも、

一回の注射が、一回ですよ?

55000円前後。どれくらい続くのかもわからない。

 

この結果には、さすがに少々凹みました。

 

Dr.からは、その高額な注射を勧められましたが、即決はできずにいると、

 

後日 この病気でのカンファレンスがあるそうで、

自分だけの判断ではなく、他の眼科医の意見も聞いてみたいと思うので、

それを踏まえよく考えてみてくださいとのこと。

 

 

網膜は傷めると元には戻りませんが、

ある程度、視界・視力を取り戻すことは可能です。

 

本当にそんな高額治療でないと無理なのか?

正直、まだ、自分の治癒力を信じてみたい気持ちです。

 

体のこと、お金のこと、

ちゃんと考えて進みたいと思います。

 

視界は、今こんなだけど、

今視えてる世界に感謝しつつ、

心はクリアで、

 

晴れいろの日々を。

---Coka.