人生好転!晴れいろの日々を。*:。+

いいコトばっかじゃなぃ、でも楽しむ!それが人生。40代からの生きかた。身体のこと・恋愛と結婚~わたし的思考etc.。*:。+雑記Blog..

【エンジン警告灯】が納車日に点灯?まさかの原因。


スポンサードリンク
 

【エンジン警告灯】が点灯したのは、人生「初」かもしれません。

 

f:id:Miia:20200404210306j:plain

エンジンシステムに異常がある場合に点灯。

・O2センサー(エンジン付近のマフラー)

 排気ガス中の酸素濃度を測っていて、エンジン警告灯のほとんどがO2センサーの可能性が高いとも言われているようです。

(コンピューター診断で故障個所を診断できます)

 

黄色の警告灯は、緊急性は高くないのですが、できるだけ早めに専門業者に点検・修理依頼し、走行も控えましょう。と説明があります。(赤色は緊急性を要します。)

 

 

待ちに待った納車日。

試運転してしばらくすると、まさかの【エンジン警告灯】黄色に光った!

エンジン掛け直しても、一旦消えるが、先ほど同様にしばらくすると点灯!

 

こ・・これは、どう考えてもオカシイ!

 

家から離れていなかったため、そのまま走行して自宅に戻り、

すぐに購入店に連絡して、車を引き取りに来てもらい調べてもらうと…

 

原因は、まさかの…

 

カーナビ取付け時の配線の繋ぎが、うまくいっておらず、センサ―の基盤に当たっていてショートして、センサーが狂って異常をきたしていた。とのことでした。

 

 

えぇえ!そんなこともあるのですね‥

車屋さんの配線時のミス?とは言え…

車屋さん自身も通常の原因とは出ず、びっくりした。と言ってました。

 

エンジンの異常ではなく、ホッとしましたが、そんなこともあるのですね。

 

コンピューター診断・修理の料金

オートバックス 1000円~2000円

国産ディーラー   5000円前後

外車ディーラー   10000円前後

 

修理部品は、箇所による

O2センサー   

20000円前後+工賃4000円前後

 

カム角センサー 

6000円前後+工賃4000円前後

 

ミスファイヤー 

7000円前後+工賃1500円前後

 

 

購入したばかりで保障がある場合だと、購入店で無償で診断&修理してもらえるけれど、古くなった車での警告灯の点灯であれば、エンジントラブルかもしれないので、走行できるなら、先ずは、オートバックスなどに行って、安価で診てもらうのが良いかもしれません。

 

 

安心安全がいちばん。

晴れいろの日々を。